低用量でオギノ式の弱点カバー、バストアップ効果も?

女性の象徴と言えば、やはり豊満なバストです。
今も昔も豊満なバストを持つ女性は男性から関心を持たれています。
いわゆる美人の絵や彫刻なども、胸元はボリュームのあるバストになっています。
バストアップを図るためには、蛋白質を効率よく配分した食材を食べる事が大事です。

ささみ肉やまぐろ、ミルク、チーズ、豆乳、豆腐、ポーク、ビーフ、納豆、油揚げ、鶏の卵などが、良質なたんぱく質を含有する食品となります。
果物や野菜にもたんぱく質は配合されていますが、バストアップを目的に摂取するなら、ミルクやチーズ、鶏の卵、肉類といった消化吸収率が良い食品を選びましょう。

また食品以外のバストアップ方法として、避妊薬の使用が挙げられます。
低容量の避妊薬を常用した女性は、その副産物的プラス効果によってバストアップを実感なさっています。

ポイントは緊急避妊薬ではなく、低容量の避妊薬を選ぶ事です。
更に継続性がバストアップには不可欠であり、数週間続けただけでは良い効果は期待出来ません。

カップ数が増えた女性もいますし、丸みのあるお尻、腰回りに適度にお肉が付く等、良い意味でボリュームのある女性らしい肉感的なセクシーさが現れるのも、低容量避妊薬の副産物的作用です。

避妊方法としてはオギノ式で排卵日を計算して性交を行う、といったスタイルもありますが、オギノ式は万能ではありません。
基準となる日時を誤れば、オギノ式の計算結果はズレてしまい、避妊したいにも関わらず実際は排卵日に性交してしまう等のミスが起きます。

低容量の避妊薬はそういったオギノ式の計算ミスをカバー出来る商品であり、バストアップ効果が間接的に得られる副産物的プラス効果もありますので、若い間から飲む事で、貧乳のコンプレックスが改善出来ます。