避妊薬の病院費用とメリット

避妊薬は一般的に低用量ピルのことを指し、月経の周期に合わせて毎日飲むことで、計画的な避妊ができるとされます。避妊薬は卵胞ホルモンと同じエストロゲン、黄体ホルモンと同じプロゲストーゲンの2つのホルモンを混合したホルモン剤で、女性のホルモンバランスを一定に保つことで、子宮内膜のを厚くすることなく排卵を抑制し、受精および着床を不可能な状態にすることで避妊を成功させます。しかし、避妊だけでなく月経周期をコントロールできるので、生理不順の人が安定化させるために使用する人もいます。生理痛も軽減でき出血も少なくなることから、生理が原因となる貧血が改善でき、ホルモンバランスが安定することで肌荒れやニキビが軽くなるほか、脱毛による薄毛の症状にも効果があり、子宮体がん、卵巣がんの予防にもなるので様々な女性のトラブルを解決してくれます。自律神経と女性ホルモンには密接な関係があり、ホルモンが乱れていると自律神経失調症にかかりやすくなりますが、低用量ピルによってバランスが保たれることで、その症状が改善されることから治療目的で使用されることもあります。避妊薬の購入は産科、婦人科で処方されますが、低用量ピルが避妊目的で認可されているため、健康保険が適応されず、基本的には実費で支払うことになります。とはいえ、それほど高いものではなく、1ヶ月分の低用量ピルは2,000~3,000円で購入することができます。避妊薬として低用量ピルは便利な薬ですが、誤った使用方法は避妊の失敗だけでなく、体調を崩してしまうこともあるので、病院で医師の指導に従い服用します。メリットは多いですが、高血圧や肝障害などがある人は処方されないこともあるので、まずは診察と検査を受けるようにしましょう。