生でのセックスと自律神経の乱れ、リスク回避の避妊薬

厳しい労働環境と長時間勤務が常態化している今、日本人男性のメンタルは危機にひんしています。
自律神経失調症でメンタルケアを受ける人も現れました。
人体がオートマチックで動作するために、自律神経は必須です。
しかし、ハードな職場で長時間勤務を続ければ、自ずと自律神経は摩耗し、様々なメンタル関連のトラブルが起きます。

酷い場合は無意識的に排尿や排便が起きてしまったり、情緒不安定、パニック障害、強迫神経症が併発します。
また男性の場合だと、性欲が著しく高まったり、反対にED体質になる等、下半身に関するトラブルも出て来ます。
自律神経が摩耗し始めた時、分かりやすく生じるのが射精コントロールの不具合です。
自律神経は射精のコントロールにも関わっており、正しく稼働していれはせタイミングが自主的に決められます。
しかし、情緒不安定になっている場合は自律神経も乱れ、極端な早漏状態へ陥るのです。

いわゆる生でセックスする事が常態化しているカップルにとって、男性側の自律神経の乱れはリスクとなります。
自律神経の乱れについて無自覚なまま、普段通り生でセックスしてしまうと、思わぬタイミングで射精の感覚に襲われ、あっという間に中出ししてしまうでしょう。
大ざっぱに言えば、過労の後、セックスをするとそういった神経の疲れや乱れによる危険な中出しセックスになりやすいです。

生でセックスを繰り返しているカップルは、必ずそういったリスクに備えて避妊薬を使いましょう。
望まない妊娠を避けるためには、避妊薬が重要です。
コンドームが性に合わないと感じているカップルは特に避妊薬を性生活に取り入れなければ、近いうちに妊娠してしまいます。
男性が特にハードワークに従事している場合、避妊薬なくして健全なセックスは遅れませんので、
低用量ピルまたはアフターピルを常備しておきましょう。